FANDOM


プロジェクト·アリシゼーション最初の適応性の高い«ボトムアップのAI»を作成するためにラースが経営トップシークレットの政府プロジェクトです。自衛隊(自衛隊)が大幅にアメリカに依存している日本の弱い防衛技術を向上させ、戦争の間に人的被害を減らすために、戦争の代わりに人間と戦うために無人兵器のために言うのAIを使用したい。名Alicizationは頭文字Aliceから形成されている(人工知能コンピュータによる自動制御の不安定有、言い換えれば、適応性の高い人工知能)、プロジェクトの目的として、スタッフがと呼ん«アリス»の中に人工Fluctlightsを有効にすることです«アリス-ING»を。名前は、「不思議の国のアリス」を参照することがあります。六本木の二施設も使用されているが、プロジェクトは主にラースのメインベース、«海カメ»内で行われている。